会社案内
PDF

会社案内PDF

ベジタボロン ファーム

ベジタボロン
ファーム

野菜の魅力をもっと伝えたい。そんな私たちの想いから生まれた「ベジタボロンファーム」。ここで暮らすベジタボロンたちは、毎日楽しく野菜のウワサ話。種類豊富な野菜には、それぞれ違った個性があります。選び方や保存の仕方、調理のポイント、健康に役立つ豆知識など、知って食べればもっと美味しい!ベジタボロンのウワサ話。さぁ、どんなおしゃべりをしているのか、ベジタボロンファームを覗いてみましょう。

  • キャロテン

    キャロット+カロテン=キャロテン
    元気一杯でテンションが高い。
    みんなをを楽しませる人気者。

    キャベミン

    キャベツ+ビタミン=キャベミン
    優しくて気がきくバランス役。
    疲れた時でも体の中から癒してくれます。

    ナスカリ

    ナス+カリウム=ナスカリ
    強気で皆んなから頼られる存在。
    どんな逆境でも決して諦めない心をもつ。

    ポテッシー

    ポテト+ビタミンC=ポテッシー
    食欲旺盛なのんびり屋さん。
    照れるとホクホクになって湯気がでます。

  • キャロテンのウワサ

    おいしいニンジンの見分け方

    根っこの部分が濃いオレンジで、外皮は光沢と弾力があるものを。
    頭部の茎の切り口は、芯が細いものほど柔らかく、甘みが強いと言われています。

    栄養をしっかり吸収するには

    βカロテンが豊富で「緑黄色野菜の王様」と称されるニンジン。
    しかし、ビタミンCを壊す酵素(アスコルビナーゼ)を含むため、
    加熱調理か、生食の場合はレモン汁の入ったドレッシングを。

    おいしいニンジンの見分け方

    独特のにおいが強いことから、かつては、子どもが嫌いな野菜の代表格だったニンジン。
    最近では、においが薄く甘みが強いものへと品種改良され、人気野菜に仲間入り!

    キャベミンのウワサ

    日本とキャベツの歴史

    日本に伝わった当初は「観賞用植物」だったキャベツ。
    食べる文化が普及したのは、明治中期のことでした。トンカツにキャベツの千切りを添えた
    洋食メニューが人気を集め、揚げ物の付け合わせに欠かせない存在になったのです。

    胃腸を守る「キャベジン」

    キャベツの栄養素といえば「ビタミンU(別名キャベジン)」。
    胃腸薬の名前に使われるほど、胸やけ、胃潰瘍の予防・改善、肝機能の向上等に
    効果が高いと言われています。

    がん予防にも期待大

    キャベツが含む「イソチオシアネート」は、解毒酵素の働きを強める機能性栄養素。
    煙草による発がん抑制作用や、肺がん・大腸がんの予防効果等が研究で明らかになっています。

    ナスカリのウワサ

    ナスの皮は残さず食べよう

    ナスの皮には、「ナスニン」というポリフェノールの一種が含まれています。
    ポリフェノールと言えば、がんをはじめ、動脈硬化や、高血圧の予防にも効果があると言われる
    抗酸化成分です。

    料理に合わせて品種をチョイス

    ナスの品種は、料理に合わせて使い分けを。
    あらゆる料理に万能なのは「長卵型なす」、浅漬けには「水なす」、焼きなす・田楽には「丸なす」、
    からし漬けには「こなす」がオススメ。

    とちぎ地域ブランド農産物の2種

    全国に自信を持ってアピールしたい「とちぎ地域ブランド農産物」として、さくら市の温泉熱を使用した
    「喜連川温泉なす」と、佐野市で栽培される「こなす」が認定を受けています。

    ポテッシーのウワサ

    人気を集める新種も続々

    ジャガイモの二大品種と言えば、男爵とメークイン。
    最近では新種の登場も目立ち、「きたあかり」「インカのめざめ」「ほっかいこがね」「グラウンドペチカ」
    などが人気を集めています。

    野菜と穀物の栄養がぎっしり

    ジャガイモの栄養価は非常に高く、加熱後のビタミン含有量は、生のトマトと同量!
    主成分はデンプンですが、カリウムやミネラルも豊富で、野菜と穀物の良いところを併せ持っています。

    長期保存のポイント

    ジャガイモの芽にはソラニンという毒素が含まれているため、調理前には必ず芽取りを。
    リンゴから出る「エチレンガス」には、発芽の抑制効果があるため、長く保存する際はリンゴと一緒に。