募集要項

募集要項

はじめる
生活。

健食で働くということ

  • 営業グループ マネージャー
    2008年中途入社 藤原裕司

    カット野菜にポテンシャルを感じて

    前職では鮮魚の卸売に携わっていて、加工して販売することが当たり前になっていく水産業界を目の当たりにする中で、「野菜にもそんな時代が来るのでは」と、当社の事業に興味を持ちました。入社当時は少人数の会社でしたが、瞬く間に地域屈指のカット野菜企業へと成長。提供する商品に価値を感じていただけているからこそ、自然と次の案件や新規顧客開拓に繋がり、営業職は新商品の開発・提案に専念することができています。

    健食の営業に求められるスキル

    教育体制が整っているため、入社の段階で専門知識は必要ありません。求めるスキルを挙げるとしたら、「柔軟な発想」や「勢いの良さ」です。例えば、お客様から「こんな商品が欲しい」と要望を受けたら、すぐにアクションを起こすことが大切。アイディアを練り、原料の発注や生産工程の調整をして、その日のうちに期待を超える提案ができることが理想です。過去には、カット野菜に肉とソースを組み合わせた商品の要望を受け、初の試みに苦戦しながらも商品化を実現し、大変喜んでいただいた事例がありました。お客様からのご要望は、商品のバリエーションを広げていけるチャンス。製造職とも連携し、新しい技術開発にも取り組んでいます。

    女性の活躍も推進していきたい

    営業職には女性が多く、料理好きを活かして、販売店舗でカット野菜の料理教室を開催しているメンバーもいます。家庭でカット野菜を扱うのは主婦の方がメインですから、女性の視点はとても大切。管理職として、女性の活躍推進は重要な課題と捉えていて、残業の削減、リフレッシュ休暇の活用、土日のどちらかは必ず休めるシフトを作成するなど、ワークライフバランスに配慮した働きやすさを整えています。

    カット野菜にポテンシャルを感じて

    前職では鮮魚の卸売に携わっていて、加工して販売することが当たり前になっていく水産業界を目の当たりにする中で、「野菜にもそんな時代が来るのでは」と、当社の事業に興味を持ちました。入社当時は少人数の会社でしたが、瞬く間に地域屈指のカット野菜企業へと成長。提供する商品に価値を感じていただけているからこそ、自然と次の案件や新規顧客開拓に繋がり、営業職は新商品の開発・提案に専念することができています。

    営業グループ マネージャー
    2008年中途入社 藤原裕司

    健食の営業に求められるスキル

    教育体制が整っているため、入社の段階で専門知識は必要ありません。求めるスキルを挙げるとしたら、「柔軟な発想」や「勢いの良さ」です。例えば、お客様から「こんな商品が欲しい」と要望を受けたら、すぐにアクションを起こすことが大切。アイディアを練り、原料の発注や生産工程の調整をして、その日のうちに期待を超える提案ができることが理想です。過去には、カット野菜に肉とソースを組み合わせた商品の要望を受け、初の試みに苦戦しながらも商品化を実現し、大変喜んでいただいた事例がありました。お客様からのご要望は、商品のバリエーションを広げていけるチャンス。製造職とも連携し、新しい技術開発にも取り組んでいます。

    女性の活躍も推進していきたい

    営業職には女性が多く、料理好きを活かして、販売店舗でカット野菜の料理教室を開催しているメンバーもいます。家庭でカット野菜を扱うのは主婦の方がメインですから、女性の視点はとても大切。管理職として、女性の活躍推進は重要な課題と捉えていて、残業の削減、リフレッシュ休暇の活用、土日のどちらかは必ず休めるシフトを作成するなど、ワークライフバランスに配慮した働きやすさを整えています。

    営業職の1日

    9:00 出勤。仕入れのために早出する日もありますが、基本的には定刻通り。
    メールチェックや当日の訪問スケジュールの確認を行い、週1回は全体朝礼に参加しています。
    10:00 外回りへ。営業グループでは、1人約10社の担当顧客を持ち、大体週1回のペースで訪問。
    スーパーの惣菜部のバイヤーさん等と、新商品の打ち合わせや、提案品を試作。
    12:00 昼休憩。訪問先の店舗で、自分が携わった惣菜商品を購入し、実際に食べてみることも大切な勉強です。
    外食する時は、野菜がどんな風に提供されているか目を光らせています(笑)。
    14:00 帰社後、お客様に提案する商品のレシピを作成。
    休憩室で試作品を作り、メンバー間で試食を行い、時には他部署のスタッフに味見をお願いして、改良点について話し合い。
    16:00 生産ラインの確認・調整を行い、商品の見積を作成。お客様に電話連絡を入れ、提案する商品の試作状況をフィードバック。
    具現化に向けて、さらに顧客ニーズを深く把握。
    18:00 明日の訪問スケジュールを確認し、メンバー間で担当案件の進捗状況を共有。
    目標は定時退社。残業はなるべく1時間以内に。
    9:00
    出勤。仕入れのために早出する日もありますが、基本的には定刻通り。
    メールチェックや当日の訪問スケジュールの確認を行い、週1回は全体朝礼に参加しています。
    10:00
    外回りへ。営業グループでは、1人約10社の担当顧客を持ち、大体週1回のペースで訪問。
    スーパーの惣菜部のバイヤーさん等と、新商品の打ち合わせや、提案品を試作。
    12:00
    昼休憩。訪問先の店舗で、自分が携わった惣菜商品を購入し、実際に食べてみることも大切な勉強です。
    外食する時は、野菜がどんな風に提供されているか目を光らせています(笑)。
    14:00
    帰社後、お客様に提案する商品のレシピを作成。
    休憩室で試作品を作り、メンバー間で試食を行い、時には他部署のスタッフに味見をお願いして、改良点について話し合い。
    16:00
    生産ラインの確認・調整を行い、商品の見積を作成。お客様に電話連絡を入れ、提案する商品の試作状況をフィードバック。
    具現化に向けて、さらに顧客ニーズを深く把握。
    18:00
    明日の訪問スケジュールを確認し、メンバー間で担当案件の進捗状況を共有。
    目標は定時退社。残業はなるべく1時間以内に。
    製造職 >
  • 製造グループ 加工部門 リーダー
    2012年新卒入社 安喰裕貴

    新入社員の第一歩は製造職

    入社後は、カット野菜の生産工程を学ぶため、製造職の勤務からスタート。配属先は、下処理室、加工室、計量室、ピッキング室の4部門があります。まずは、約半年間のローテーション研修で、全部門の業務体験プラス、配送を行うドライバーに同行して、出荷後の商品がお客様の元へ届く流れも見学。その後は、本人の希望・適正に合わせて配属先を決め、メンター制度(他部署の先輩による定期面談)で仕事の悩みなどをバックアップしてもらえます。2年目以降は、営業職へのキャリアチェンジ、他部門への異動希望を出すことも可能です。

    生産ライン上で最高のバトンタッチを

    製造グループでは、毎日約20種もの野菜の加工に対応しており、例えばキャベツなら約1トン(およそ1000玉)と、1日に扱う量も半端ではありません。現場では、常に出荷までのスケジュールを頭に入れ、4つの部門が連携しながら、生産ライン上で最高のバトンタッチを繰り広げています。運動会のリレー種目のように、遅れをとった部門を他の部門が巻き返しをして、時間通りの出荷=ゴールに繋げているのです。

    ゲーム感覚で仕事に熱中

    製造職と聞くと、ルーチンワークを想像される方もいるかと思いますが、胸を張って「違う」と言い切れます!商品によって加工内容は違いますし、シーズンごとに新商品が出るため、型にはまってはいられません。個人的には、ゲームをクリアするように、いかに効率よく完了させるかを楽しんでいますね。現場には、主婦の方や外国人留学生のパートさんも多く、社員として適切な指示を出しつつ、時には一緒に作戦を練り、ピンチの際はフォローしてもらうことも。パートさんとは、プライベートで飲み会を開くほど仲が良い関係です(笑)。

    新入社員の第一歩は製造職

    入社後は、カット野菜の生産工程を学ぶため、製造職の勤務からスタート。配属先は、下処理室、加工室、計量室、ピッキング室の4部門があります。まずは、約半年間のローテーション研修で、全部門の業務体験プラス、配送を行うドライバーに同行して、出荷後の商品がお客様の元へ届く流れも見学。その後は、本人の希望・適正に合わせて配属先を決め、メンター制度(他部署の先輩による定期面談)で仕事の悩みなどをバックアップしてもらえます。2年目以降は、営業職へのキャリアチェンジ、他部門への異動希望を出すことも可能です。

    製造グループ 加工部門 リーダー
    2012年新卒入社 安喰裕貴

    生産ライン上で最高のバトンタッチを

    製造グループでは、毎日約20種もの野菜の加工に対応しており、例えばキャベツなら約1トン(およそ1000玉)と、1日に扱う量も半端ではありません。現場では、常に出荷までのスケジュールを頭に入れ、4つの部門が連携しながら、生産ライン上で最高のバトンタッチを繰り広げています。運動会のリレー種目のように、遅れをとった部門を他の部門が巻き返しをして、時間通りの出荷=ゴールに繋げているのです。

    ゲーム感覚で仕事に熱中

    製造職と聞くと、ルーチンワークを想像される方もいるかと思いますが、胸を張って「違う」と言い切れます!商品によって加工内容は違いますし、シーズンごとに新商品が出るため、型にはまってはいられません。個人的には、ゲームをクリアするように、いかに効率よく完了させるかを楽しんでいますね。現場には、主婦の方や外国人留学生のパートさんも多く、社員として適切な指示を出しつつ、時には一緒に作戦を練り、ピンチの際はフォローしてもらうことも。パートさんとは、プライベートで飲み会を開くほど仲が良い関係です(笑)。

    製造職の1日

    5:00 出勤。勤務時間は3パターン。時間帯によって業務内容・働くパート社員が異なるため、なるべく勤務時間を固定し、慣れた業務を顔馴染みのメンバーと遂行できるよう工夫しています。
    5:30 PC入力などの事務仕事を終えて現場へ。
    パート社員に作業指示を出し、夜勤担当と情報共有を行いながら、計画通りに生産が進んでいるか確認。
    8:00 安全・品質管理として、野菜を切るスライサーの刃は2時間おきにチェック。
    前工程の下処理室、後工程の計量室の状況も把握し、作業が遅れている部門をカバーできるよう体制を整える。
    11:00 現場調整を行い、空いた時間に昼休憩。
    工場内は閉鎖的なので、休憩中に話題のニュースなどをスマホからチェックし、現場に持ち帰るのが暗黙のルール(笑)。
    13:00 早朝から生産した製品の出荷準備が整う頃。
    夕方には、各取引先の店舗に納品予定。お正月やクリスマスなど、季節行事前は繁忙期で、新商品を出荷することが多い。
    14:00 残業はほとんどなく、仕事の後の予定が立てやすいのが魅力。
    休みの希望は、ほぼ100%通るよう調整しているので、プライベートを充実させることができます。
    5:00
    出勤。勤務時間は3パターン。時間帯によって業務内容・働くパート社員が異なるため、なるべく勤務時間を固定し、慣れた業務を顔馴染みのメンバーと遂行できるよう工夫しています。
    5:30
    PC入力などの事務仕事を終えて現場へ。
    パート社員に作業指示を出し、夜勤担当と情報共有を行いながら、計画通りに生産が進んでいるか確認。
    8:00
    安全・品質管理として、野菜を切るスライサーの刃は2時間おきにチェック。
    前工程の下処理室、後工程の計量室の状況も把握し、作業が遅れている部門をカバーできるよう体制を整える。
    11:00
    現場調整を行い、空いた時間に昼休憩。
    工場内は閉鎖的なので、休憩中に話題のニュースなどをスマホからチェックし、現場に持ち帰るのが暗黙のルール(笑)。
    13:00
    早朝から生産した製品の出荷準備が整う頃。
    夕方には、各取引先の店舗に納品予定。お正月やクリスマスなど、季節行事前は繁忙期で、新商品を出荷することが多い。
    14:00
    残業はほとんどなく、仕事の後の予定が立てやすいのが魅力。
    休みの希望は、ほぼ100%通るよう調整しているので、プライベートを充実させることができます。
    営業職 >